スマホンダナ

安さと高品質は両立できる
スマホを本棚に変える
「自炊代行」ガイド

本をデジタル化する自炊は、専用機材に加え、処理する時間とスペースが必要。そこで頼りになるのが自炊代行サービスです。

依頼前に必ずチェックしておくべきなのは、法律上の対応を明記しているか。その上で、集荷やファイル名変更などのオプションが充実している、使い勝手のいいサービスを選ぶことをオススメします。

このサイトでは安心して利用できる自炊代行会社をご紹介しています。

利用しやすさで比較!頼れる「自炊代行」ガイド » 本の自炊方法を解説

本の自炊とは?
方法や必要な費用やメリットについて

目次

目次

そもそも本の自炊とは?

本の「自炊」とは、書籍を裁断してスキャンして電子データとして取り込み、電子書籍データに変換する行為を言います。「自炊」という呼び方は、「自ら吸い込む」という言葉を略して呼ばれるようになったものです。

アナログ媒体の電子書籍をスキャンして電子書籍化する自炊作業は、必要な道具さえあれば自宅でも気軽に行えますが、専門業者に書籍を預けて代行してもらうこともできます。

自炊に必要なもの

実際に本を自分で自炊しようするなら、以下の道具が必要です。

裁断機

本を自炊する場合には、書籍をまず裁断して一枚ずつバラバラにする必要があります。その際に一度で本一冊分をバラバラにできる裁断機が活躍します。

ただし裁断機によって裁断能力にもばらつきがあり、分厚い本も一度でバラバラにできるものと、厚い本は数回に小分けして裁断する必要のあるものがあります。自炊したい本がたくさんある人や、手持ちの本が分厚い人は、それなりに性能の高い裁断機を用意する必要があるでしょう。

スキャナー

裁断機でバラバラにした本の一枚ずつを、スキャナーで取り込んでデジタルデータに変換します。自炊用にスキャナーを用意する場合は、画質の良さや処理の速さなどに注意してスキャナーを選びましょう。

スキャナーの性能によっては、電子書籍化する際の手間や時間にも大きな差が出てきます。テキスト中心の小説であれば処理も速いですが、カラーや細かなイラストがついた漫画などは処理にも時間がかかります。

美しい写真やイラストを美しいままで電子書籍にしたい場合にも、性能の高いスキャナーを必要とします。家庭用のスキャナーでも本の種類やスキャン設定を自由にできる性能の物が増えています。

本を裁断する際の注意点

接着面のギリギリで裁断しない

本のサイズにもよりますが、接着面から1cmほど離れたところを裁断するようにしましょう。本が綴じられているギリギリのところで裁断してしまうと、閉じているホチキスなどの金具が当たってしまう可能性があります。そうなると、裁断機が刃こぼれを起こしてしまうおそれがあるのです。

また、接着部分に沿って裁断してしまうと、スキャナーの読み取り部分にノリが付いてしまうことがあります。読み取り部分が汚れてしまうだけでなく、スキャンエラーになる場合もあるため、接着面のギリギリで裁断してしまわないよう注意してください。

不要な紙や付属DCが挟まっていないか確認する

本の裁断は、新品のうちに行ったほうがスキャナーを汚さずキレイにスキャンできますが、そのまま裁断するのは禁物です。購入してきたばかりの書籍には、アンケートのハガキやチラシ、しおりなど、さまざまなものが挟まっていることがあります。特に技術系の本にはDiscが付属していることもあり、そのまま裁断してしまうと大惨事です。

不要な紙が挟まっていると重送になり、ページが読み飛ばされるエラーや原稿の詰まりや破れを起こす可能性があります。裁断前には必ずページをパラパラとめくって、不要な物が挟まっていないかチェックしてから作業するようにしましょう。

紙さばき(用紙の間に少し空気を入れること)を行なう

裁断が済んだら、しっかりと裁断されているかを確認する必要があります。新品の書籍は裁断しても紙同士がくっついていることがあるので、パラパラとめくって「紙さばき」をするようにしてください。

また、ノリづけ部分がキレイに裁断されていないとスキャナーが接着剤で汚れてしまいますし、スキャナー内の重送エラーにつながります。

袋綴じ部分のある本にも注意が必要です。異なるサイズの紙が紛れ込んでいても重送や詰まりの原因になります。変わった綴じ方がされていないか、特殊な紙質のページがないかをチェックするためにも、紙さばきは裁断後に必ず行いましょう。

ハードカバーの本を裁断するコツ

ハードカバーの本を裁断する際には、まず材質の硬い背表紙を外します。カッターなどで切れ込みを入れると簡単に外れますので、裁断前に背表紙を外しましょう。

次に注意すべきなのが接着面です。ハードカバーの本の接着面は湾曲しています。ページの中央になるほど深く裁断する必要があり、逆にページの端側は浅く裁断しなくてはなりません。一度に裁断すると、誤って文字を裁断してしまうおそれがあるので注意が必要です。

ハードカバーの本を裁断する際は、3パーツ以上に分けてカットする、中央と端でカットの寸法を変えるなど、文字の裁断を防ぎながら慎重に行うようにしてください。

【まとめ】自炊はするべき?しないべき?

紙媒体の本は場所を取る他、手入れをしないと劣化するなど悩みが付きませんが、自炊で電子化すれば端末一つに膨大な冊数の書籍データを省スペースで保管できます。スマートフォンやタブレットを利用すれば、手軽に持ち運んでいつでもクリアな画質で内容を楽しめるため自炊しない手はないでしょう。

ただし自分で自炊作業をしようとするとそれなりの費用と手間がかかります。自分で手間をかけず低コストに本を自炊したいなら、1冊単位から自炊を代行している自炊代行業者に依頼するのもおすすめです。

自炊代行業者なら電子化したい書籍を送って希望のオプションを伝えるだけで、手元に電子書籍データが送られてくるので簡単です。

安さと使い勝手の良さを両立した、おすすめの自炊代行会社を紹介

このサイトでは、そんな本の自炊を代行してくれる会社・32社の情報を掲載しています。トップページでは、気軽に依頼できる安さと使い勝手の良さを両立した、当サイトおすすめの3社をピックアップ。ぜひ自炊代行会社選びの参考にしてみてください。

安くて使い勝手に優れた
自炊代行会社のおすすめ3選を見る

安くてキレイ&使いやすいおすすめの自炊代行サービス3選
                   
料金300
ページまで
料金301~
505ページ
カラー
スキャン
ファイル名
変更
納期

未来BOOK


公式サイト

88円/冊

88円/冊

55円/冊

無料

入金後
30営業日

スキャンピー


公式サイト

88円/冊

176円/冊

55円/冊

無料

入金後
25日※1

電天


公式サイト

150円/冊※2

150円/冊※2

要問合せ

無料

書籍到着後
18営業日

未来BOOK

料金300
ページまで

88円/冊

料金301~
505ページ

88円/冊

カラー
スキャン

55円/冊

ファイル名
変更

無料

納期

入金後
30営業日

公式サイト

電話で問い合わせる

スキャンピー

料金300
ページまで

88円/冊

料金301~
505ページ

176円/冊

カラー
スキャン

55冊/冊

ファイル名
変更

無料

納期

入金後
25営業日※1

公式サイト

電話で問い合わせる

電天

料金300
ページまで

150円/冊※2

料金301~
505ページ

150円/冊※2

カラー
スキャン

要問合せ

ファイル名
変更

無料

納期

書籍到着後
18営業日

公式サイト

電話での対応はしていません

▼Google検索で「自炊代行サービス」と検索した結果から、上位50位内に表示される自炊代行サービスを全て紹介。
その内、コミックや単行本など一般的な書籍が収まるB5サイズの料金が調査内企業で最安値であり、かつ納期が30営業日内であること、無料オプションとして基本的な機能である「ファイル名変更」が含まれていることを含む、法律に則った自炊代行業務を行っている業者3社を選出した。(2023年4月25日時点)。
・B5サイズ(B6判の単行本や新書サイズの漫画など)に対応できる
・B5サイズ1冊(1~300ページ)の基本料金が165円以下
・法律対応あり(許諾を受けていない書籍の返送)
・ファイル名変更が無料でできる
・通常納期が~30営業日内で設定されている
※1:100冊までの場合
※2:税不明
法律対応で安心して頼める自炊代行サービス3社を紹介!